現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

タマリニューアルのスタッフブログ 記事一覧

マンション外壁タイル貼替工事!

ようやく作業許可が下りてのマンションの外壁タイル貼替工事!エントランス前なので落下の危険がある為、浮きの激しい箇所の貼替は、正しい選択と思います。落下すれば、人災の恐れもあります。築7年足らずですが、管理会社の方が発見されての施工となりました。しっかりと点検されている管理会社の社員さんでよかったです。クラックが33mほどありますので、明日からエポキシ材の低圧注入を行います。RC造にクラックはどうしても発生してしまいますが、しっかりと対応していきたいと思います。次回は、注入作業の報告をさせて頂きます。この面に関しては、近々の大規模修繕時に施工の必要がないので、引き継げるように報告書と使用材などをしっかりと残しておかないといけません。アパート・マンションで気になる箇所などがあるようでしたらまずは相談、工事を依頼する前に何度でも納得するまで相談することがよいかと思います。その際は、業界用語ばかり語る業者は、避けた方がよいかと思います。 2021年5月7日 更新
外壁タイル工事補修工事

雨漏りによる、防水部分補修工事してきました。やはり、アパート・マンション改修工事は大切です!

塩ビシート防水1部撤去して、ウレタン防水を施工したようだが、ジョイントが切れてしまってます。そこからせっかく施工した防水の裏側に雨水が回り雨漏りしてしまったようです。塩ビシートを、補強して波打った箇所は、ライスターを使用して平らにして接着後、風圧に耐えるようプレートで固定し、新たにウレタン防水を施工いたしました。通気マットを敷き2層、トップコートで仕上がりです。側溝にも通気マットを敷くことは、やめた方がよいと思います。それから、立上り材と平場用を併用して施工することをお勧めしたい出す。側溝は10㎜厚になってました。厚く塗ればよいわけでは、ありません。ご予算もおありかとは思いますが、その場しのぎの補修は避けて、一度きちんと改修工事を行い、その後こまめにメンテナンスを加えることが大切と思いますし、最終的には、コストダウンにつながります。 2021年4月24日 更新
防水工事雨漏り補修工事

アパート・マンションリフォーム工事!大家さんフェスタに参加してきました!

4月17日(土)に新宿NSビルにてオーナーズスタイル主催の大家さんフェスタに参加してまいりました。業界では、知らない人がいないような有名企業様ばかりで、 大変緊張しながら一日を過ごさせて頂きました。コロナ過の中での開催でしたので、お客様の人数などが気になりましたが、換気や検温、消毒など、主催者も万全な体制で受け入れて頂けたこともあり、安心できました。資料も75部、お持ち帰りいただき、アンケート記載も18件、お見積もりのご依頼も2件頂けました。お話を伺う中感じたことは、皆様初回の修繕であまり良い結果が得られず、今回ご参加された方が多く、次に、あと数年で大規模修繕を迎える方、建て替えかもう一度大規模修繕かでお悩みの方、分譲マンションの改修工事の参考に来られた方の順でございました。(弊社ブースお立ち寄りの方)今回参加して感じたことは、多くの工事物件を抱えてそれをスムースに施工していけるような大きな会社ではないので、無理せず数名の社員で施工現場を直接施工し管理して、お客様にお引き渡しまた、次の工事に取り掛かるその後は、各物件とも、毎年定期点検を5年間繰り返し、工事着工もお待たせしているお客様もおられ、急激に成長出来ないかも知れませんが,大切な資産を台無しにする事無く、アパート・マンションの大規模修繕、改修工事を、これからもしっかりと施工していきたいと思います。そんな小さなお店ですが、アパート・マンション改修工事、保育園、幼稚園などの施設などもお仕事させていただければと思っております。 2021年4月19日 更新
新着情報イベント・キャンペーン

トップコート塗替えで、防水も長持ち!

今回は、ブチルゴムシート防水の点検になります。20年防水改修を行わずにということで、新築から5年が経過し、トップコートの塗り替えを行うことになりました。高圧洗浄、ジョイント部や平面の穴や傷が無いかを点検し、トップコートの塗り替えを致しました。点検での費用は掛かりますが、20年~25年間防水の改修工事を行わずに済めばコストダウンになるとのことで、計画実行されました。トップコートの塗り替えを行うことで、紫外線劣化を防ぐ効果があります。まずは、定期点検をし、良好ならば塗り替え、不可能と判断したならば改修工事というように、オーナー様と共に計画をして資産価値を維持していく事が仕事なので、やりがいはあります! 2021年3月24日 更新
塗装工事防水工事

ゴムチップ舗装!

今回は、ゴムチップ舗装の施工です。公園のジョギングコースや遊歩道、保育園や幼稚園などの遊具の床や、屋上ルーフなどを幼児の遊び場などにお使いになる際にお勧めしたいです。マンションなどの階段などにもタイルの土間と比べて滑りにくいので良いかと思います。 ゴムチップをバインダーと合わせ撹拌、10mm厚になるようならします。熱コテ、トンボをかけ仕上げにトップコート塗布し て完了!しっかりと、熱コテを当てることと密度をきちんと保つことに注意をしました。 2021年3月12日 更新
ゴムチップ舗装工事外構工事

外壁タイルの落下!

昨年末、年末年始の休みに入った初日に、タイル落下の応急処置のご依頼を頂きました。歩道に面した個所で幸いにも、けが人は出ませんでしたが、大変危険な状態でした。建物の施工と管理をしている会社の方も来られましたが、原因不明なので費用が払えないとのことでしたが、危険なので弊社で足場を架けて応急処置をし、年越しとなりました。2月も残り一週間になりますが、未だに施工できません。管理会社さんを、悪く言いたくはありませんが、住人の方やオーナーさんのことを本当に考えているのでしょうか!足場のシートがかかり、日も当たらないで洗濯も満足に干せません。防犯対策もしてません。こんなことがないように、気軽に相談や、定期点検もしてくれる修繕、改修工事業者を見つけておくべきだと思います。外壁タイルの落下事故は、頻繁に起きております。落下防止や、防水効果もある保護材(セブンケミカル製セブン-S、セブン-SS)などを大規模修繕、改修工事の際には、施工しておく方が安心、安全だと思います。大規模修繕・改修工事業者で、工事が終わった後も弊社では、毎年点検(施工後5年間)を行っております。是非ともそのような業者と出会っていただきたいと、思います。 2021年2月27日 更新
新着情報